お知らせ

今泉教室の勉強方法② ノートの書き方

今後の入試では中学入試でも、高校入試でも、大学入試でも論述させる問題が増えていきます。答えだけではなく、プロセスや理由まで書かせるような問題です。

これに対抗するためには、普段の学習から答えを書くだけではなく「誰かに説明する感覚」で書くことが効果的です。答えだけが書かれたノート、筆算や思考の跡がぐちゃぐちゃに書き殴られているようなノートでは、論述の練習になりません。

人に教えるつもりでノートを書いてください。そうすれば、「どんな書き方だったら分かってもらえるかな?」と考えることになります。それを積み重ねていけば、説明する力が確実に付きます。

そして、記憶の定着にもなり一度で二度おいしい学習になります。「急がば回れ」の精神で面倒なことを行った方が、より効率的に成長できると考えてください。

さらに人に説明するようにノートを書いておけば、後でそのノートを使って復習したり、調べ物をしたりできます。一度で三度おいしい!!一石三鳥のおススメ学習方法です。

 

« »