お知らせ

今泉教室コラム『家ではなく、塾で自習することの意味』

塾生に家ではなく塾で自習するようにおススメすることがありま。その意図がどこにあるかを考えてみましょう。

 

人は一人で勉強や仕事をしているとどうしてもマイペースにだらだらとしがちです。しかし、誰かが同じ空間にいると、緊張感が高まり作業効率が良くなります。これを『ホーソン効果』と言います。

 

塾での自習で「先生に質問できるかどうか」を気にする人が多いですが、質問できることよりも、集中して学習できるところにメリットがあると思ってください。自宅での学習は一人でやる以上、自分のペースで進めざるを得ません。ですので、どうしても時間ばかりが長くなり、自己満足に陥りがちです。自分のペースで学習することにこだわる人も多いですが、塾で学習すると自分のペースではできないことにより負荷がかかり、成長を促します。人は適度な負荷がかかることで成長するものだと思ってください。

 

勉強はしているけど成果が出ない…、と思い悩む人は塾での自習を取り入れてみてください。自宅学習で集中力が落ちたら塾で自習する、という流れも良いと思います。場所を変えることで集中力が上がります。自転車や徒歩で塾に来るのも良いでしょう。少し身体を動かすことでストレスの発散や脳の活性化に繋がります。

« »